講演会

見る地学〜地球活動と日本の『地』〜

『見る地学〜地球活動と日本の『地』〜
開催日
2019年12月22日(日)13:00〜14:30
場所
3階研修室
参加資格
どなたでも
定員
80名(先着順)

イベント詳細

私たちの周りにあるいろいろな『地』を見てみませんか?
足元の地面から、日本で頻発する地震、さらには惑星としての地球まで、様々なスケールの
『地』を通して、私たちがどのような場所で生活しているのか、あらためて考えてみましょう。

 

講師:鎌田浩毅さん(京都大学大学院人間・環境科学研究科 教授)

(かまた ひろき)1955年、東京都生まれ。筑波大学附属駒場中学・高校を経て、79年東京大学理学部地学科卒業。1997年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士(東京大学)。専門は火山学・地球科学・科学コミュニケーション。テレビや講演会で科学を明快に解説する「科学の伝道師」。京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価を得ている。モットーは「面白くて役に立つ教授」。著書に『富士山噴火と南海トラフ』(ブルーバックス)、『日本の地下で何が起きているのか』(岩波科学ライブラリー)、『京大人気講義 生き抜くための地震学』(ちくま新書)、『やりなおし高校地学』(ちくま新書)、『理学博士の本棚』(角川新書)。

 

TOP